人気ブログランキング |

~読むアロマ~「星の王子さま」サン=テグジュペリ

「星の王子さま」

そのことばの響きだけで、何か純度の高い、けれどちょっと儚げなイメージが

わきあがります

フランス語の原題を直訳すると「小さな王子さま」ですので

翻訳者のかたの感性に脱帽です




a0293118_13052596.jpg


大人のための童話として長く愛されてきた物語

「大人はだれもはじめは子どもだった
 (しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない)」


ご多分に漏れず、子供であったことを忘れてしまったおとなの一人である私は

不思議なおとぎ話の世界の、身に覚えのある現実社会(大人の世界)に

いたたまれないような、恥ずかしいような、そんな気持ちになりました


「心でみなくっちゃ、ものごとはよく見えない。かんじんなことは、目に見えないんだよ」


友達になったキツネから王子さまがおしえてもらった秘密

現代では、いささか使い込まれたフレーズにも聞こえますが

この物語が発刊された1943年という時代では

勇気のいる立ち位置だったのかもしれません


なんのへんてつもない、ありふれたものでも

時間や手間などをかけ、関わることで

特別な存在になる


例えば

5千も同じように咲くバラの中のたったひとつや

10万ものキツネの中のたった1匹が

自分にとってかけがえのない存在になるように



こころをかけることをせずに、ただ数を集めたり

体裁を整えることだけしていくと

「何のために」が手からこぼれて

「本当に欲しかったもの」を大人は忘れてしまう



「好きな物を見つける」とか「好きなものを探す」と言うけれど

好きな物、大事なものは、時間をかけたり、気持ちを込めることで

自分で育てることができるのかもしれません




<読むアロマ「星の王子さま」ブレンド>
・グレープフルーツ
・ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)
・ラベンダー
・フランキンセンス
・ミルラ
・ローズ(ひらりと香る程度)


大人のなかの子供をあらわすグレープフルーツ

自由、ひろがりをイメージするユーカリシトリオドラ

ラベンダーは、庭先にあるありふれたもの、そして心で見る大事なもの

砂漠、聖なるもの、太陽の象徴として、フランキンセンスとミルラ

そして、王子さまが愛したちっぽけな、でも特別なバラをほんの少し



目ではなくこころを使うことの大切さを教えてくれた作者に

目にはみえないけれど、確かに「ここにある」美しい香りを


そんなおもいを込めたブレンドです


瑠璃色の庭



# by ruriirononiwa | 2019-08-20 13:16 | 読むアロマ

~読むアロマ~「人間失格」太宰治

「ゆさぶられる」


読みはじめてすぐ、「このまま読み続けてだ大丈夫かな」

とちょっと不安になりました

頭のなかを根こそぎもっていかれないように

お腹にしっかり力を入れて読みました





a0293118_09385481.jpg



主人公は物心ついたときから、他者に対して違和感をもち

孤独と疎外感に苦しみながら生きています

俗世間の偽善やエゴ、悪意にさらされるたび

その弱さ、その繊細さ、その純粋さゆえに

自分自身を傷つけ、落ちていきます



戦後の混迷期に描かれた生きづらさが

現代に生きる私たちが抱えるものと

なんら変わりなく

その痛みは、国や時代を越えて

読む者の魂に訴えかけます


それでも、人の持つ清らかさ、美しさをどこかで

信じている、信じたいと思っている

その姿に涙しました


主人公が悪友と言葉遊びをするシーンに

同義語(シノニム)と対義語(アントニウム)

を議論する場面があります

花のシノニムは月

黒のアントは白


では、罪のアントは?

神、救い、愛、光、祈り、悔い、告白・・・

「罪のアントがわかれば、罪の実体もつかめるのに」と



<読むアロマ「人間失格」ブレンド>
・レモン
・ローレル
・ローズ
・フランキンセンス
・サンダルウッド


生きるという根源的な問いに対する香りとして

フランキンセンス、サンダルウッド

求めてやまなかった信頼、愛を象徴するローズ

普遍性のシンボルにローレル

そして、光を感じさせるレモンを


己の全存在をかけてこの物語を綴った作者に

ありったけの「罪のアント」を

そんな思いを込めたブレンドです




瑠璃色の庭



# by ruriirononiwa | 2019-08-05 09:39 | 読むアロマ

~読むアロマ~「哀しい予感」吉本ばなな

たぶん、私と同世代の人にとっては「あの頃」を思い出す作家のひとり

新作が出るたびに次々と読んだなぁ





a0293118_21060266.jpg



その中でも、この「哀しい予感」は表紙の印象が強く、

主人公がひととき身をよせる叔母の一軒家近くの公園から

匂いたつ木々の濃い緑の描写とあわせて

世界は、「グリーングリーングリーン」



失われた子供時代や

家族の秘密

美しい魂をもった弟やらの設定に

地方から出てきたばかりのふつーの女の子は

あっという間に違う世界に連れて行かれたものでした


今となっては、繊細な主人公の女の子たちよりも

地に足ついた男子チームにエールを送っているおばちゃん目線の自分が(笑)


感受性の強いキレイな女の子には

現実で生きるスキルと、懐の深さをもった男子というこの組み合わせ

恋愛の法則は永遠に不滅なのであります!



大事な弟との関係が大きく変わる場面で

二人が育った「家の匂い」が心を動かします

複雑で込み入っている状態が「匂い」で絶妙に描かれた

心に残るシーンのひとつです





<読むアロマ「哀しい予感」ブレンド>
・ベルガモット
・ローズマリー
・スプルウスブラック
・サイプレス
・ジャスミン
・ジャーマンカモミール



グリーングリーンなイメージをサイプレスやベルガモットで

特にサイプレスは「喪失と再生」のテーマとも重ねています

「記憶」とローズマリー

「女性性」「水」などのキーワードとジャーマンカモミール


吉本ばななという作家の存在感ともリンクする

そんな思いを込めたブレンドです




瑠璃色の庭



# by ruriirononiwa | 2019-07-23 21:11 | 読むアロマ

「読むアロマ」~遠征読書編~

遠征読書とは??

移動中の電車のなかでおもいっきり読書を楽しもーーーっ

というマニアックな旅のことである(笑)


本読みが一番集中してできるのが電車の中という方の記事に

紹介してあった「遠征読書」という言葉



その作法は、

1.あくまでものんびり普通列車で移動するべし

2.ご当地の美味しい物をいただくもよし

3.読書の時間をじっくり味わうのを至福とする
                   (ほんだ調べ)



先日の遠征読書


箱根の日帰り湯治場へ
a0293118_19121612.jpg 






























もちろん、美味しいものも
a0293118_19123439.jpg






















こんな景色に包まれます
a0293118_19125063.jpg






























読んで、温泉つかって、食べて、読んで、寝て、読んで帰宅



これって、究極の贅沢な時間の過ごし方なのでは113.png



そして2冊目の「読むアロマ」もできました♪






瑠璃色の庭



# by ruriirononiwa | 2019-07-20 19:27 | 読むアロマ

~読むアロマ~ 「それから」 夏目漱石

読書好きのアロマセラピストです

ならば、好きな本の感想を香りで表現したらどうなる?!

と、まったくもって個人的なワクワクを勝手にプロジェクト化(笑)

その記念すべき第一弾はこちら!




a0293118_16004274.jpg




文豪です。私にとっては鴎外でも谷崎でもなく、文豪といえばこの方

でも、「こころ」ではなく「吾輩は猫である」でもなく「それから」というチョイスが

自分らしくナナメだなと思いますが(笑)

映画の松田優作&藤谷美和子主演のイメージと、内容はうっすら覚えている程度

四半世紀ぶりに読んでみました


いや~、びっくりです!

作品が書かれたのは1909年(明治42年)今から110年も前

文体こそ古き時代のものですが、切り口は現代にも通ずるものばかり

「親からの価値観の刷り込みの苦痛」

「働くことの意味。食べるために働くか、人生のために働くか」

「物質主義(お金)と道義(人としての在り方)の矛盾」などなど


主人公代助は高等遊民、今でいう高学歴ニート

理想と現実、思考と行動、様々な矛盾を抱え込み、ぐるぐると迷宮入りしていきます


そして、なんと!「それから」にアロマセラピーが登場するではありませんか!

神経過敏気味の主人公は、世間の刺激に疲れると

甘みの軽い香りの花を活け、その下で香りを嗅ぎながらうたた寝をします


「香りが噪ぐ(さわぐ)意識を吹いていく」
「これが成功すると(略)神経が生まれかわった様に落ち着いて(略)」
                          (本文より)



また、運命の女性三千代とのシーンではふたりをつなぐ象徴に

白い百合が使われ、むせかえる香りの中で秘めた想いを告げる場面が描かれます

まさに記憶と情動

香りが人にあたえる刺激そのままに情景を作り出しています



漱石の時代に「アロマセラピー」という言葉はまだ存在しませんが

日本人は長く香りを使ってきた歴史があり、本能と知性を結ぶアイコン的な

役割を担っていたのかもしれません



<読むアロマ「それから」ブレンド>
・ティートリー
・ジュニパー
・ネロリ
・パチュリ
・イランイラン(ひらりと香る程度)



読み始めてすぐ、雨、日本家屋でパチュリをイメージ

ほのかな花の香りはネロリ、白百合はイランイランで

シャープでほろ苦いなかに、隠れるように匂う甘さが重みを出します


自分のスタイル、主義、哲学という名の縛りに取り込まれていった

主人公に解放とやすらぎを

そんな思いを込めたブレンドです




瑠璃色の庭



# by ruriirononiwa | 2019-07-15 09:00 | 読むアロマ

 「丁寧に暮らす」 アロマセラピストの日々の宝物探し
by Takako Honda
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

ブログジャンル

ファン

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ