人気ブログランキング |

~読むアロマ~ 「それから」 夏目漱石

読書好きのアロマセラピストです

ならば、好きな本の感想を香りで表現したらどうなる?!

と、まったくもって個人的なワクワクを勝手にプロジェクト化(笑)

その記念すべき第一弾はこちら!




a0293118_16004274.jpg




文豪です。私にとっては鴎外でも谷崎でもなく、文豪といえばこの方

でも、「こころ」ではなく「吾輩は猫である」でもなく「それから」というチョイスが

自分らしくナナメだなと思いますが(笑)

映画の松田優作&藤谷美和子主演のイメージと、内容はうっすら覚えている程度

四半世紀ぶりに読んでみました


いや~、びっくりです!

作品が書かれたのは1909年(明治42年)今から110年も前

文体こそ古き時代のものですが、切り口は現代にも通ずるものばかり

「親からの価値観の刷り込みの苦痛」

「働くことの意味。食べるために働くか、人生のために働くか」

「物質主義(お金)と道義(人としての在り方)の矛盾」などなど


主人公代助は高等遊民、今でいう高学歴ニート

理想と現実、思考と行動、様々な矛盾を抱え込み、ぐるぐると迷宮入りしていきます


そして、なんと!「それから」にアロマセラピーが登場するではありませんか!

神経過敏気味の主人公は、世間の刺激に疲れると

甘みの軽い香りの花を活け、その下で香りを嗅ぎながらうたた寝をします


「香りが噪ぐ(さわぐ)意識を吹いていく」
「これが成功すると(略)神経が生まれかわった様に落ち着いて(略)」
                          (本文より)



また、運命の女性三千代とのシーンではふたりをつなぐ象徴に

白い百合が使われ、むせかえる香りの中で秘めた想いを告げる場面が描かれます

まさに記憶と情動

香りが人にあたえる刺激そのままに情景を作り出しています



漱石の時代に「アロマセラピー」という言葉はまだ存在しませんが

日本人は長く香りを使ってきた歴史があり、本能と知性を結ぶアイコン的な

役割を担っていたのかもしれません



<読むアロマ「それから」ブレンド>
・ティートリー
・ジュニパー
・ネロリ
・パチュリ
・イランイラン(ひらりと香る程度)



読み始めてすぐ、雨、日本家屋でパチュリをイメージ

ほのかな花の香りはネロリ、白百合はイランイランで

シャープでほろ苦いなかに、隠れるように匂う甘さが重みを出します


自分のスタイル、主義、哲学という名の縛りに取り込まれていった

主人公に解放とやすらぎを

そんな思いを込めたブレンドです




瑠璃色の庭
by ruriirononiwa | 2019-07-15 09:00 | 読むアロマ

 言葉×香りのアロマセラピー 「読むアロマ」


by 本多書店 ruriirononiwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31